『私の少女』を観た!『私の少女』を観た!(※ネタバレ最後にある)

スラリと伸びた胴体に胎児のまま成長しちまったよーな顔が載り、ペ・ドゥナとゆー女優さんはなにか妖怪じみたトコがある。
その危うさ不安定さがまったく堪らないエロさ。なんか、透明に倒錯してんだよな、この人。

そのペ・ドゥナが左遷されたエリート警官になって、過疎の漁村に地元警察の新署長としてやってくる。
野卑でキッタネェ田舎モノの好奇の視線にさらされるドゥナ。
もうその段階で、エロい。

さてドゥナは赴任早々、道端で一人で遊んでる不気味な少女に出会う。
誰だろう?ドゥナが歩み寄ると、少女は田園の奥へ消えてしまった。
そして夜。のどかな田園風景に少女の泣き声が響き渡る…。
いったい、この村なんなんだ?
まぁ韓国映画だから、ドス黒い秘密が隠されてるに決まってるか。
韓国映画は暗黒映画。

過疎に悩む村の唯一の希望は、どこからともなく外国人労働者を連れてくる若者(つっても30越えくらいだが)だった。
コイツがいるから村は辛うじて存続してる。
あの不気味な少女は彼の養子。
やがて明らかになってくる。
若者とその母親は少女を虐待してるのだが、若者を失いたくない村人たちは見て見ぬフリをしてんのだった。
ってなワケでドゥナは少女を救うべく奔走するが、さてどーなるか…。

http://twitchfilm.com
http://twitchfilm.com

それにしても脚本がすげーイイ。
田園風景にこだまする少女の泣き声、とゆーあたり横溝正史的に始まるが、ハナシは韓国の社会問題をモザイク的に取り入れつつジャンルを横断して展開してく。
一応主軸はサスペンスだったりするが、単純に見えた問題が実は複雑に絡み合って解きほぐしがたいコトが判明、善悪の境界が無効になってく。
そうやって社会派映画の相貌を露にしてくが、ところが映画は更に先へ行く。
真相を超えて深層にっつーか。ソコに辿り着く。

ハナシ的には全然違うが、この感じって橋本忍脚本の『影の車』(1970)とか『羅生門』(1950)とか『砂の器』(1974)に近いもんが無くもない。
モザイクの断片を寄せ集めて全体を見てみたら、見てる本人の深層にある業が映し出されてた、みたいな。
『私の少女』だと最後にゃ人間の業と救済になってくワケですが、全然そんな感じになるとは思わなかったんでビックリした。
しかしその辺りとてもスムーズに、でもそうとは思わないよーな感じで流れていって、いやもうなんかスゴイのだ。

http://www.cinemaescapist.com
http://www.cinemaescapist.com なんかちょっと面白い顔になってしまったペ・ドゥナとキム・セロン。

そーゆースゴイ脚本ですが、俳優さんなんかもマジでイイ。
なんつってもペ・ドゥナが素晴らしく、ジジィババァがカラオケ歌って踊り狂うコリアン宴会に無理やり参加させられたシーンのイヤそうな顔なんてサイコー。あの無表情で野卑な男ども毅然と立ち向かう姿なんかも惚れ惚れする。
のどかな田舎をエリート警官がかき乱すとゆーハナシだが、それが淡白な演出の中で自然と成立しちゃうのはドゥナだからなのだった。

そのドゥナに救われる少女がキム・セロン。この人もイイ。
最初オバケみたいな風貌で現れるが、ドゥナとの交流を通じてどんどん可愛くなって、オトナの女の顔すら見せるよーになる。
その危うさ。ドゥナの危うさと相乗効果で、二人が画面に収まると映画が歪む。
セロンとドゥナが一緒にお風呂に入るシーンの背徳感。エロと緊張。
ココだけでそれまでのハナシがひっくり返るような名シーンだ。

http://lovemusicwineandrevolution.blogspot.jp
http://lovemusicwineandrevolution.blogspot.jp 『三人の女』。これケッ作だと思います。

ふと思い出したが、この感じロバート・アルトマンの『三人の女』(1977)だ。
コレ辺鄙な田舎でシェリー・デュバルとシシー・スペイセクとゆー二人の異形女優さんが友情を育む(そして崩壊して融合する)映画だったが、するとドゥナはデュバルでセロンはスペイセクと強引に言えなくもない。
まぁどーでもいーか。

田舎の倦怠と苛立ちを一人で体現したよーな少女の父親ソン・セビョクも素晴らしいと思うが、しかしその母親のババァ(名前知らない)がまた…。
このババァ、荷台付きの三輪原チャリで静かな田舎を切り裂くが、そのエンジン音とヒステリックな声の不快!
焼けた肌と深い皺なんざ、マジでどっかの田舎から素人連れてきたよーな驚異のリアリティ。
アレだな、最初の方でこのババァが現れた(そしてドゥナにセクハラ発言する)瞬間、ケッ作だと確信した。

その他、事なかれ主義のベテラン警官なんかも実にイイが、いつもその横にくっついてるハゲ散らかした警官、この人に至ってはもうセリフすら無かったと思うが、シリアスなハナシの中で場を和ませる清涼剤的名演なのだった。

http://twitchfilm.com
http://twitchfilm.com 薄汚れた少女と田んぼの組み合わせ。美しいイメージだなぁ。

キレイな風景とのどかな人々。
こーゆーの見てると田舎も悪くないなーって思えてくる。
映画は大仰なコトしないで、田舎の日常風景を繊細な手つきで積み重ねてく。
ドゥナの目には異常な事件や人々も、土地の人間にゃ単なる日常なのだ。

その静かな断絶が水面下でサスペンスになる。
倦怠の裏側になにか張りつめた空気がある。
なんのコトない日常をつぶさに観察してみると、自分の存在を揺るがすよーな巨大な証拠が現れてくる。
そーゆー感じの映画。
ケッ作だと思うよ、マジ。

ちなみに監督・脚本はチョン・ジュリっつー女の人で、コレ処女作らしい。
恐ろしいなおい…。
(※以下ネタバレ。読みたい人だけどーぞ)

https://kaist455.wordpress.com
https://kaist455.wordpress.com

実はドゥナはレズビアンで、ソウルでエリートコースを歩んでたが、ソレがスキャンダルとなって左遷されたのだった(韓国社会は恐ろしい)
なワケでドゥナは心を閉ざし、ソコにやってきたのが件の少女。
少女は自分を虐待親父から助けてくれたドゥナが大好きになって、ドゥナも少女をとても可愛がる。

でも、少女のコトを知ろうとすればするほど、ドゥナは彼女のコトが分からなくなってくる。
感情が不安定で、何を考えてんのか読み取れない。
自傷癖があり、どうもドゥナに会いたいがために自分で自分を傷つけて、虐待されたとウソついてるフシがある。
少女はドゥナに似せて髪を切った。そしてちょっと普通じゃなくらいドゥナに愛情を示す。

虐待と孤独から来たコトだと、ドゥナは自分を納得させようとする。
でもこんな不安も脳裏をよぎる。

この娘、私を恋愛対象として見てんじゃないか?

ドゥナは必死にソレを振り払う。
そう考える自分が彼女を性的対象として見てるように思え、自分を嫌悪する。
ドゥナは少女を拒絶した。

それでもドゥナは少女にシンパシーを感じていた。
そしてタイクツな田舎の生活と、ソレを守るためにやってる不法移民の搾取に嫌気が差して、酒に溺れる毎日を送ってる少女の父親にも。
ドゥナも過去と孤独を忘れるためにアル中になっていた。それはまた自傷行為でもあるのだった。

少女を守るために父親と闘えば闘うほど、ドゥナは自分を傷つけて追い込んだ。
少女を拒絶すればするほど、自分を拒絶するコトになった。
全てがボロボロと崩れ去って行く気がした。

https://www.youtube.com
https://www.youtube.com

少女を虐待していた祖母が事故死した。
ドゥナには分かった。事故じゃない。少女がやったんだ。
なぜって、私は彼女と同じだから…。

若い警官がこんなコトを言う。

「あの少女、不気味っすよね。腹が読めなくて…」

それは多分、ドゥナ自身もかつて言われたコトだろう。
レズビアンであるコトを必死に隠して、エリートコースを歩むために男どもと渡り合ってきたんだから。誰にも理解されない孤独。
一度は見捨てた少女の下へ、ドゥナは走った。
対面。二人で笑う。

少女だけにしか分からないハズの孤独と狂気と罪を、こうしてドゥナは自分のモノとして、自分の中に見出すコトで受け入れた。
そうでしか少女は救えなかったが、それはまた自分を救うコトでもあった。
二人は救われて、業の中で同化する。

悪を追う者が悪になるのは韓国映画でよくある気がするが、濃い人間関係を求めるコリアンは相手の心の最深部まで降りていかざるを得ないんで、ソコで見出してちゃった危険なモノは、その関係の濃さ故にすぐさま自分にも見出されるコトになる。
そう考えるとこの映画もとても韓国映画らしいと思うが、それが救いに転化してるトコがスゴイ。
その救いが社会に背を向ける、ってあたりも。

雨の中、車を走らせるドゥナの傍らで少女が笑ってる。
二人の行く末は楽なもんじゃないだろう。
世の中が二人を受け入れるコトは多分永遠にないと思われる。
でもお互い、それで良いと思ってる。
二人だけの世界に、彼女たちは唯一の光明を見出したんだから。

そんな、切なくて苛烈なハッピーエンドなのだった。

【ママー!これ買ってー!】


ほえる犬は噛まない [DVD]

ペ・ドゥナが最初の頃に出たヤツで、ポン・ジュノの劇場デビュー作。
とにかくドゥナがカワイイ。ハナシもメチャクチャ面白い。
『私の少女』はこの映画みたいなポップで笑える感じないですが、でも脚本の作りとかよく似てると思う。
チョン・ジュリはポスト・ポン・ジュノじゃないかなぁ。

広告

コメントしてあげる

wpDiscuz