Boy Meets 山Girl 映画『エベレスト3D』感想 〜ロマンスの無慈悲な神様〜


♫週休二日 しかもフレックス
相手はどこにでも いるんだから♫

だまれヤリ◯ン。

という事で今回から参加しますカズナリと申します、はじめマ◯コです。
まず自己紹介と言い訳を箇条書きで書きますので。

  1. 日本語が不自由です(なので誤字脱字が多い)
  2. 文章能力が無いです(なので言葉の使い方おかしい)
  3. 基本下品です
  4. 基本無知です(なのでwikipedia脳)
  5. てゆーかあんまり映画見ません(映画知識0)

ですので僕の映画感想は完全に僕個人の思ったことonlyなので、全く映画鑑賞の参考になりません、鬱憤晴らしの便所の落書きです。
長くなってすんません、では『エベレスト3D』の感想書きます。

〜あらすじ〜
世界にその名をとどろかせるエベレスト登頂を目指し世界各地から集まったベテラン登山家たちは、参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れる。
さらに天候が急激に悪化し、命の危険性が劇的に高いデスゾーンで離れ離れになってしまう。
ブリザードや酸欠などの極限状況に追い込まれた一行は……。

https://www.youtube.com
https://www.youtube.com いたぞ! ヤリ○ンだ!

どーせ『海猿』の映画みたいに愛とリア充のペッティ◯グムービーだろ、最後は愛と奇跡で二人は助かって、夜のリミットオブラブすんでしょ。

間違いでした。

まさにエベレスト、まさに山神、
迫力がすごいわ、山とか高所の映像は3Dと相性がイイね、吹き荒れる嵐、凍るような吹雪、酸素欠乏の息苦しさ、頂上からの絶景。
3Dで見てよかったと思いました。

ストーリーは至って簡単、まさにあらすじそのまんま、でも本当にそれだけでも十分面白いな。登場人物たちもキャラが立ってるし。
そして何よりも良いのが、愛や勇気の力は大自然にとって何も関係がないという当たり前の事を描いてくれていること。

この映画は1996年のエベレスト大量遭難の映像化で、ノンフィクション映画、実話を元に系の映画みたいです。
こんな事が過去にあったのかと思い、なおさらこの映画が好きになりました。
恐らく実際はもっともっと恐ろしい事があって、もっともっと悲惨な状況だったんだと思う。

けど、ええと、うーん、何て言ったらいいんだろうなあ、悲惨な事実をちゃんと伝えつつエンターテイメントとして面白く見せている…かなぁ?
わっかんねっ! 日本語むっず、やっほーやっほーあばばばばぁ、クララのボケ。

https://jordanandeddie.wordpress.com
https://jordanandeddie.wordpress.com こんな事する人たちなんて理解できないよ!

てか僕は山ってあんまり好きじゃないんですよね、海のが好きです。
どーしてきっついコトしてあんな大変な事しなくちゃいけないのかなって、でもそれ言っちゃナンセンスですね。

よく糞インタビュー(糞ドキュメンタリー)で、糞みたいなインタビュアーが、「あなたにとって◯◯とは」っていう糞ウ◯カスみたいな台詞、マジ大っ嫌い。
この台詞ってその人の事を理解することを放棄してる感じがするんですよ、面倒くさいからこの質問でさっさと終わらそーって感じがビンビン来る。

正直、登山に限らないで他の危険な事をする方の思考とかって理解なんかできない気がします。
でも理解できないからすごく魅力的に見えたり、その人のことをもっと知りたくなると思うんどす。
だから僕は簡単にその人にそんな質問は出来ないと思う。

ってバカの戯言でしたが、『エベレスト3D』は見て損はないと僕は思います!
もっと的確な感想を書きたいのですが、語彙力の無い僕には無理でした。

以上、『エベレスト3D』の感想でした。お粗末でした。

(文・横十間川かずなり)

【ママー!これ買ってー!】


八甲田山 特別愛蔵版 高倉健 主演 DVD2枚組

健さんありがとう!
(横十間川)

広告

コメントしてあげる

wpDiscuz