続・クリスマス・ホラー映画集めたぞ10本+1!

前→これでクリスマスも寂しくない! クリスマス・ホラー映画集めたぞ10本+1!

友達がいないからと映画ばかり見てたら、前に続いて更に10本もクリスマス・ホラーが溜まってしまった。なので感想書く。
今日はクリスマス・イヴ…寂しいクリスマスとか言うんじゃねぇ! オレには映画があるからいーんだよ!

『ウォンテッドMr.クリスマス』(1989)

http://www.delacaveaugrenier-blogcine.fr
http://www.delacaveaugrenier-blogcine.fr

まだあったキラーサンタもの。今度はフランスに出没、ランボー的なのに憧れるハイテク・オモチャ小僧を大恐怖に陥れる。
気持ち『ホーム・アローン』(1990)フランス版で、オモチャ小僧が家のアチコチにブービートラップ仕掛けたりして単独キラーサンタと戦うが、アッチと違ってコッチのキラーサンタは完全に殺しにかかってきている。しかもソコソコ狂ってんので、笑えない。
後半30分ぐらい延々とオモチャ小僧とキラーサンタのバトルになり、ちょっとしたカーアクションまである。引き締まった密度の濃い作りで、ハラハラドキドキの連続。急転直下のラストもなんやキマってた。
気の利いた小道具いっぱい、舞台になる屋敷が迷路みたい、寓話的なムードもあったりする、思わぬ拾い物な面白いキラーサンタ映画です。

『スパニッシュ・ホラー・プロジェクト クリスマス・テイル』(2006)

http://thetfs.ca
http://thetfs.ca

ホラーの巨匠揃い踏みのTVシリーズ『マスターズ・オブ・ホラー』(2005)の向こうを張ったスペインの競作ホラーTV映画シリーズ、『スパニッシュ・ホラー・プロジェクト』の一本。コチラもお子様とキラーサンタが戦う。
ただし、コチラはお子様五人に対してサンタに扮した女銀行強盗一人であり、この人は別に殺す気もなかったのにクソお子様どもに見つかって監禁・プチ拷問され、復讐のために脱走して斧を手に取る。キラーサンタが被害者とゆー珍しいパターン。

そんなハナシなんでコチラはクリスマス版『隣の家の少女』(2007)とゆーよーな胸糞悪い映画であった。監禁されたサンタ女強盗が衰弱してくサマと、クソお子様どもが彼女を地味にいたぶるサマ(しかも金を横取りするためとゆー可愛げの無さ)をずーっとやる。これほどキラーサンタを応援したくなる映画もないだろう、コレ。
なんやコワいのはキラーサンタより躾のなってないお子様だとゆーコトがよくわかる、ブラックなサンタ寓話です。

あと、クソお子様集団唯一の良心の女の子と女銀行強盗の交流は『ミツバチのささやき』(1973)風。劇中劇のゾンビ映画は、ちょっとルチャ系。

『魔界からの招待状』(1972)

http://www.mildlypleased.com
http://www.mildlypleased.com

ホラーの名門、イギリスはハマー・プロダクションと肩を並べる(時期もあった)B級ホラーの大手アミカス・プロダクション。
その得意とするところのオムニバス・ホラーの一本で、葬儀に集まった数人の男女が謎の男にそれぞれの悲惨な未来を聞かされる、とゆーハナシ。
クリスマス・ホラーは冒頭のエピソードで、クリスマスの夜に旦那を殺した女がキラーサンタに襲われる。
なんせ短い上にキラーサンタが襲ってくるだけの内容なんで面白いも面白くないも無いが、全体を通して見ると、何がコワいってオバケとか殺人鬼じゃなくて普通の人の悪意がコワいよね、ってなイギリス的やさぐれ感が面白かったりする。

クリスマスとか関係ないが、だから一番好きだったのはラストのエピソードだな。
経営建て直しのために盲人施設にやってきた軍隊上がりの新所長が、入居者の人権完全無視で経費削減に邁進。怒った盲人たちはついに復讐に…ってなハナシですが、いやその復讐ってのがエグイんだコレ。
アミカスのオムニバス・ホラーは概して抑揚が無くて淡々としてるが、その淡々とした調子で復讐の顛末を見せられるとうわぁってなるよね。

派手な描写とか基本無いが、全身をバラバラにされた男の内蔵がグチャアって出るの、この時期のホラー映画にしては珍しいゴア描写だった気がする。

『グッバイ20世紀』(1999)

http://wwww.filmow.com
http://wwww.filmow.com

時は2019年…と最初にテロップが出る。既にちょっと「アレ?」ってなってるが、そこには武装した変な部族がおり、文明は崩壊、地平線まで荒野になっとる。
サンタの画がジャケットに載ってたからサンタ映画だと思ってたが、コレなんなの?
不死身の男の処刑、謎の床屋との対話、なんか色々あって、時は世紀末の大晦日に。乱痴気騒ぎの犠牲となったサンタが怒りを爆発させ、人々を殺しにかかる。
そして言う。「グッバイ、20世紀」。おわり。
?????

てゆーかキラーサンタは出てくるが、だとしても近未来の荒野と世紀末の大晦日のハナシなんで、どちらにしてもクリスマス・ホラーじゃない。
つかホラーでもないが、じゃあなんなんだと言われても答えに窮する。あえて言えば世紀末気分を反映したアート系前衛ファンタジーなんだろが…そのワリには、やってることアホである。
魔術と暴力の支配する前半の世紀末世界は、なんとなくセルゲイ・パラジャーノフの土着神話的世界+『マッドマックス』(1979)で面白い。
意外と志の高い映画…かなぁ?

『地獄のクリスマスキャロル』(2007)

http://horrorpedia.com
http://horrorpedia.com

巷を騒がす連続殺人鬼ウド・キアーの前に立ちはだかるのはしがないビル警備員デヴィッド・キャラダイン! ワォ! なんて濃い取り合わせなんだ!
…と思って観てたらデヴィッド・キャラダインが死んだ。開始15分くらいで。後はもう、閉ざされたビルの中に残った人をウド・キアーがいたぶるだけ。ズコー。

ってなワケで、クリスマスの夜に遅くまで仕事してたシングルマザーをウド・キアーが襲う映画。濃そうに見えて、滅茶苦茶作りが雑で薄い。
なんやどうでもいい登場人物が出てきてさ、それですぐ死ぬんすよ、コレ。そしたらまた別のヤツが登場して、そいつもさっさと死ぬ。小一時間ぐらいずっと誰か現れる→死ぬ→また誰か登場の繰り返しで、それでいて別に大したゴア描写があるワケとゆーから、とにかく薄い。
でもまぁアレか、顔面皮剥ぎがちょっとエグかったのと、定番のエロシーンがワリとエロい感じで撮れてんのとか良かったよね。あと、ウド・キアーがカッチョイイ。
もうそんぐらいしか記憶にないが、とにかくクリスマスの日に遅くまで職場に残っててもロクなコトはない、とゆーコトがよく分かる映画なのでした。

トリビア:劇中で“ピカソ・キラー”の異名を取り、血で絵を描くのが趣味の殺人鬼ウド・キアーだったが、その絵は別にピカソ風ではない。

『悪魔のバイオ親衛隊』(1989)

http://www.best-horror-movies.com
http://www.best-horror-movies.com

タイトルでネタバレすんなよ、と思う。原題はシンプルに『ELVES』といい、おきゃんな少女たちが戯れにジジィの持ってた魔術書みたいの読んでみたらオソロシー妖精さんが復活、クリスマスの夜を血に染める…と聞けばよくあるハナシに思えるが、バイオでかつ親衛隊なので、この悪い妖精さんにナチの残党とその陰謀が絡んでくる、とゆー相当変化球気味のシナリオ。コレはちょっと読めない。
なんでも本国ではカルト映画になってるそうですが、少ないながらも陰惨な殺人シーン、イヤなヤツ気味悪いヤツしかいないキャラクター、妖精さんの醜悪な造形にと、バカっぽいタイトルだが意外とイヤァなコワさのある映画で、なんかカルト納得。

ラストもとってもシコリが残る、イヤァなクリスマス・ホラーです。

『ヘルブレイン 血塗られた頭脳』(1989)

http://www.dreadcentral.com
http://www.dreadcentral.com

『悪魔のサンタクロース』(1984)こと『SILENT NIGHT, DEADLY NIGHT』シリーズ三作目。前作で死んだかと思われたキラーサンタさん(役者は変わって、カルト俳優ビル・モーズリィに)は実は昏睡状態&脳みそ見え見えハカイダー状態(ナゼ?)で生きていて、彼と交信すべく呼ばれたサイキック少女がエライ目に遭う。もうホント、クリスマスでもなんでもない(一応クリスマスが舞台ではある)

だからなんだ感ハンパないが、コレ監督が『断絶』(1971)のモンテ・ヘルマンであった。あまりに何も起こらない極端にツマンナイ映画ばっか撮りすぎて、逆にシネフィルどもからテンサイ映画作家と持ち上げられてしまったヘルマンの映画なので、コレももちろん極端につまんない。
インパクト絶大なハカイダー殺人鬼(今回はサンタの扮装ナシ)はボーっと突っ立ってボーっと人殺してくだけだし、サイキック少女とハカイダーのバトルたぁどんなもんかいなと思ったら、別にサイキックを生かすトコとか一切無かったりする。その設定はなんだったんだよ!

しかしこんな映画でも、冒頭の幻想シーンとか極端にセリフの少ないシナリオとか、そして最後にハカイダーが呟く「メリークリスマス・アンド・ハッピーニューイヤー」が妙な後味を残したりするから、モンテ・ヘルマンゆーのはやっぱ侮れないのかもしんない…(気のせいだと思いたい)

『新・死霊のしたたり』(1990)

http://anythinghorror.com
http://anythinghorror.com

『SILENT NIGHT, DEADLY NIGHT』の四作目で、まだ雪が降ってたりはしてて微妙にクリスマス感の残ってた前作より更にクリスマスから遠ざかる。一応クリスマス設定も、ハナシはまったくクリスマスと関係ないんで、もはや何のシリーズなんだか全然分かんなくなってくるぞ、こんなん。
しかしクリスマスはあんま関係ないが、コレ面白かったな。謎の人体発火事件発生、日々同僚の男どもから見下されてる女雑誌記者は事件を追うが、そのうち家にゴキブリ大量発生したり、秘密結社につきまとわれたりしてとても困る、てなハナシ。

コチラの監督は悪趣味派のブライアン・ユズナで、特殊メイクはスクリーミング・マッド・ジョージ。もうだいたいどんな作風か予想が付くが、グッチャグチャですよ、グッチャグチャ。
粘液まみれの巨大イモムシ、巨大ゴキブリ、歪んで溶けまくる人体。主演のモード・アダムスもヌード晒して虫まみれ粘液まみれで頑張る。ちょっとしたソッチ系のAVばりで、アレな嗜好の人にはグッとくるかもしんない。あー気持ち悪い!
悪趣味なだけと思わせといて、しかしハナシも面白い映画なのだ。人体発火、フェミニズム、秘密結社、巨大昆虫…なんか支離滅裂な気もするが、グッチャグチャのエログロ悪趣味を交えて有無を言わさず阿鼻叫喚のクライマックスに見事収束させてくあたり、ブライアン・ユズナ。この人の映画はワケワカランがパワフルでイイ。

前作と打って変わって俗悪な見せ場盛りだくさん。冒頭からしてイッてる浮浪者のクリント・ハワード(ヒドイ扱いだ…)が蛆虫を食べる場面とゆー、実にパンチの効いた、好事家大喜びの悪趣味クリスマス映画のケツ作がコレなんであった。

『P2』(2007)

https://cervifrank.wordpress.com
https://cervifrank.wordpress.com

一人でなんか過ごしたくない。せっかくのクリスマス、こんな都会の片隅でたった一人でなんて…。
と、思いつめてしまった非リア地下駐車場警備員が、メリーなクリスマスを過ごすべく警備室にOLさんを拉致ってきてしまう映画。
この警備員、コミュ障だが優しいので、ちゃんとケーキやらターキーやら用意してOLさんをもてなす。ナント彼女のためにプレゼントまで買ってきてあげたのだが、どうしたコトかOLさんは喜ばない。
どころか、こんな優しい自分に対してツバを吐いて殴りかかってくる。こ、このクソアマ! テメェこんだけオレが…こんだけオレがもてなしてんのに!
殺す! このクソ女、殺す! 女なんて大嫌いだ! クリスマスなんてでぇっきれぇだァァァ! …となる。

好きな人に変な希望を抱くからこーゆー悲劇が起こる。一人のクリスマス万歳。そんな、根暗ぼっちのためのクリスマス映画です(オレじゃないぞ!)

『暗闇にベルが鳴る』(1974)

http://crypticrock.com
http://crypticrock.com

オレん中ではこれよりコワかったクリスマス・ホラーってない。ってゆーかこんぐらいコワかったホラー映画自体が相当少ない。
変態電話がかかってきて、警察に逆探知してもらったら、ナントその電話は自分ちの中からかけられていた! とゆー恐怖の都市伝説をネタにした一本。
女子寮に忍び込んだ変態殺人鬼が寮を恐怖のドン底に陥れる。

まぁしかしこの犯人、コイツが狂いすぎててマジでコワいんだ。女子寮に忍び込んで中から変態電話をかけてくるが、全く会話にならない。ギャーギャー叫んだかと思えば泣き出し、急に赤ちゃん口調になったと思えば支離滅裂な罵倒を飛ばしたりする。
その電話が何回も何回もかかってくる。最初は主人公の女子大生オリビア・ハッセーも相手にしなかったが、あまりにしつこく掛かってくるんで、アレ、この人マジで関わっちゃいけないタイプのヤバイ人なんじゃねぇの…とコワくなってくる。

電話がかかってくる度に彼女の知り合いが女子寮から姿を消してく。コワいのは、この映画一夜の出来事じゃない。二日間に渡って狂気の殺人鬼は女子寮に潜伏してるってワケで、女子寮の方々はコイツの存在に気付かないで普通にクリスマスを満喫して、生活してたりする。
屋根裏の窓に、殺人鬼が人形みたいに飾った死体が見えている。そのシーンが何度も入ってくるのに、屋根裏の窓に目をやる登場人物はいない。そのやきもき感。すっげー歯痒いが、これが同時に死体を隠そうともしない殺人鬼の狂気を物語っているようでもあり、コワい。
そーゆー、ネチっこいサスペンスがとにかく効きまくった映画なのだ。

いやそれにしても、音も怖いよな音も、コレは。ほとんど音楽(コレがまたすげーコワいが)の無い静かな映画で、吹雪の音、床の軋む音、安楽椅子が揺らぐ音、それになにより電話のベルなんてのが強調された音の設計。
殺人鬼の不明瞭な独り言、荒い息遣いってのもそうか。度々入ってくる殺人鬼視点の画、暗い照明なんてのも合わさって、クリスマス・パーティの終わった後の閑散とした女子寮に響く音の数々がなんやとっても恐怖を煽んのだ。

寮母のアル中オバサン(寮の至るところにウィスキーを隠してんのが笑える)、ちょっとやさぐれた刑事(ジョン・サクソン)の存在はオアシス。
大いに癒されたが、そのあたり映画に緩急ついててイイ感じ。とにかく例の都市伝説ネタ一本で引っ張りに引っ張る映画だったりするが、それでいてこーゆーちょっとした面白キャラのオカゲか、最後までハラハラが途切れなかった。
最後、といえばラストシーンが…いやもう、戦慄だね。
ジワジワジワジワと心が蝕まれる、イイ歳してトイレ行くのコワくなっちゃったサイコーのホラー映画だよ、こりゃ。いやー、コワかった!

あと、ダリオ・アルジェントの世界を丸パクしたゲーム『クロックタワー』ですが、その二作目はたぶんこの映画に相当影響受けてるんじゃないかな。

【おまけ】『A VERY ZOMBIE HOLIDAY』(2010)

そういえばクリスマスとゾンビの取り合わせってなぁあんま聞かないな。
オバケにゃ学校も試験もなんにもない。ゾンビだってクリスマスの概念とかないだろうから、せっかくのクリスマスに現れてお祝いムード台無しにしてまうかもしれん。
とゆーワケで、たとえクリスマスにゾンビが現れても楽しく過ごせるよーにとゆーありがたい教材短編映画。観よう。

ってなわけで、再びメリー・クリスマス!

【ママー!これ買ってー!】


暗闇にベルが鳴る HDリマスター版 [Blu-ray]

やっぱコレだろ。

↓その他のヤツ
ウォンテッドMr.クリスマス [VHS]
スパニッシュ・ホラー・プロジェクト クリスマス・テイル [DVD]
魔界からの招待状 [輸入盤DVD]
グッバイ20世紀【字幕版】 [VHS]
地獄のクリスマス・キャロル FALL DOWN DEAD [レンタル落ち]
悪魔のバイオ親衛隊 [VHS]
ヘルブレイン/血塗られた頭脳 [DVD]
新・死霊のしたたり [DVD]
新・死霊のしたたり Silent Night, Deadly Night DVD-BOX
P2 [DVD]

広告

コメントしてあげる

wpDiscuz