『KARELASYON』って映画の予告編を浅く探検する!

テクノロジーの発達により誰もが手軽に映画を撮り、そして誰もが手軽に消費することが可能となった現代…すでに飽和状態にありながらも映画界は膨張を続け、今や人跡未踏の秘境と化しつつある。
だが! 秘境にこそ夢がある! ロマンがある! 自分だけのお宝がきっとある!
そう! 我ら謎予告編探検隊!

ブサイクな女と雰囲気イケメンが痴話喧嘩。
なんだまたツマンネェ安い青春自主映画かよ…と思ったら雰囲気イケメンと熊みたいなオッサンがシャワールームで絡み合う。
この二人の乳繰り合いが何度も出てくるからたぶんそれが一つの売りのゲイムービーなんだろうこれは。
ゲイカップルとそれに横恋慕するブサイク女の三角関係を描いたゲイ青春恋愛映画だろう…。

作ってる方は真面目にやってるんだろうが甘いのどかなサウンドに載せて絡み合う金の無さそうな男二人の図になんとなく笑ってまう。
プライベートビデオにしか見えないプールのシーンでだらしない肉体を晒すオッサン、のっそりした仕草がとてもキュート。
雑いピンク照明もキュートなのか。シャレオツ感を醸しだそうとしてるらしいチープテロップも…まさに蒼い衝動(いやピンクですが)
最後に出てくるブサイク女の両手ビンタは初めて見た気がする。吉本新喜劇か。

たぶんフィリピンの自主映画。このキッチュがフィリピンゲイのセンスなのか。いや、単にこの監督のセンスなのかもしんないが…。
うーむ…しかしそこはかとなく漂う南国的倦怠がちょっと面白そうな気もしてきてまった。
いや、悪くないんじゃないかなこのムードは…あんま売れなそうな役者さんたちの面構えもグっとくるんじゃないか…これ意外とイイんじゃないかな!
まぁ、日本公開は永遠に未定だろうから早々観る機会もないだろが。
でもちょっとだけ気になるよなこれ…いやほんとにちょっとだけ…。

この監督はなんかゲイムービーいっぱい撮ってる人らしい。コチラは一転して深刻ムード。

コチラは更に一転してサスペンスムード。あれ? 同じとこでロケしてないか?

コチラはまたもや一転して哀惜ムード…ってほぼ内容同じで音楽変えてるだけじゃねぇかよこれ!

監督のフェイスブックあったんで興味ある人はご勝手にお覗き下さい。
Glen V. Brazil(G.A. Villafuerte)

広告

コメントしてあげる

wpDiscuz