『THE UFO』完結編『UFO THE FINAL PART』の予告編を探検する!

テクノロジーの発達により誰もが手軽に映画を撮り、そして誰もが手軽に消費することが可能となった現代…すでに飽和状態にありながらも映画界は膨張を続け、今や人跡未踏のジャングルと化しつつある。
だが! 秘境にこそ夢がある! ロマンがある! 自分だけのお宝がきっとある!
そう! 我ら謎予告編探検隊!

あの『THE UFO』の完結編の予告編がついにアップされた。いやー、ついに来たかー。ラクシュマン監督の『THE UFO』三部作完結編!
…はい、誰も知らないと思いますが。俺も知りませんが。


記念すべき『THE UFO』一作目である。詳しいことは分からんがたぶんSF映画を見て影響されたラクシュマンくん14歳(推定)が俺とUFOが闘ったら超カッケーじゃんと思い立ち弟をカメラマンにママと兄貴に出演してもらって制作した自主SF巨編だろう。違うかもしんないが別にどうでもいい。
とりあえずタイトルに偽りなくUFOがちゃんと出てくるのがエライ。適当な素材を編集ソフトで合成してるだけな気もするが、ちゃんと出すのはエライ。

『THE UFO』第二弾、前作の成功に調子に乗った気を良くしたチーム・ランカシュマンが再び制作したアクション編である。
走る。とにかく走る。走って生垣を乗り越えてまた走る! その光景を友達の家のババァ(想像)が眺めてる! 元気でいいですね!
最後、UFOから放たれたと思しき殺人ロボットが出てくるので主人公と戦うのかと思ったが、その瞬間場面は音楽担当SRIMANTHくんのギタープレイに! なんでだよ! つかその音声使ってやれよ! (この機材感からすると音が録れなかったのかもしれない)

…そんなこんなで今回の『UFO THE FINAL PART』に至る。紛うことなき黒歴史がインターネットを介して瞬時に世界に拡散されてしまう現代は恐ろしいと思う。
しかしこのCGクオリティと自前の安DVで撮ったなにがなんだか分からないドラマパートの強烈なアンバランス感にはなにか言い知れぬ魅力もあるな。
完結編にしてCG映像無許可で流用疑惑も出てきてしまったが、それを考慮に入れてもなおこのヘッポコ感はオリジナリティである。これは作家性である。真似しようとしてもできない。誰も真似しようとも思わないかもしれないが。

前作前々作とご近所感覚で始まった宇宙人の侵略は果たしてどんな結末を迎えるのだろうか。この予告編だけじゃ全く分からないから逆に期待が募る。
まぁどうせまたラクシュマンくんが友達とグダグダやってるだけだと思うが、その成長を見届けるためにも本編の到着を待とう!
…それにしてもサムネイル詐欺がハンパない。

(文・さわだきんたま)

広告

コメントしてあげる

wpDiscuz