なんとなくyoutubeで見つけた課題もの短編映画を探検する

テクノロジーの発達により誰もが自由に映画を撮り、そして誰もが自由に消費することが可能となった現代…すでに飽和状態にありながらも映画界は膨張を続け、今や人跡未踏のジャングルと化しつつある。
だが! 秘境にこそ夢がある! ロマンがある! 自分だけのお宝がきっとある!
そう! 我ら謎予告編探検隊!

たぶん大学の課題で撮った系の学生短編映画でなんの可能性も感じないのでこれ自体はどうでもいいがタイトルの『11:42』、あれそんな映画なかったか、いやあったよあった俺それ好きだったよと思いつつ同タイトルで検索してもヒットしない。確かこんなタイトルで地下鉄を舞台にした終末ホラーのはずだったが…っていうかレンタル落ちのDVD買ったはずだったが…。

しばらく探してようやく分かった。邦題で『11:46』(2006)って映画すね。たぶん地下鉄ホラーで『0:34』(2004)とかあったのでその便乗邦題なんですが『11:42』だと思い込んでいたのはまた別の『11:14』(2003)というヒラリー・スワンクが売れなかった頃に出たおちんを切断する映画と頭の中で結合していたせいらしい。
…諸々解決してすっきりしたが、『11:42』に『11:46』に『11:14』ってなんなんすかそのクロックタイトルの11時推しは。

別におもしろいものはなんもないがせっかくなんで同じ人がアップしてた別の課題短編貼る。ダダがテーマですかそうですか。
もう言う事とかないんですがあれだなリンゴ齧ると血が出てくるっていうの見てまた別のこと思い出すねこれ。ほれあの、作家名わからんのですがシュルレアリスムの流れのコラージュ写真で、雑誌から切り抜いたトマトと女性モデルの顔とナイフの写真貼ってあってトマト切るつもりがモデルの首が切れちゃうみたいな。どうでもいい。

あの、しかしshort filmとかのワードで検索しますと課題制作短編がいっぱい出てくんですがどういう感じで自分で作った課題制作アップしてんすかねこの人たちは。そんなもん人が観てもおもしろいわけないだろと思うが、あれかね本人のモチベーションは上がるんかね。
どうあれこっちが勝手に探して見てるんだし俺も課題もの短編アップしたことあるんで文句は言えないのですが…。

目標毎日更新なので今日は完全に水増しモードです(おもしろそうな予告編が見つからなかった)

(文・さわだきんたま)

広告

コメントしてあげる

wpDiscuz