自主アクション短編映画をゆるく探検する!

テクノロジーの発達により誰もが自由に映画を撮り、そして誰もが自由に消費することが可能となった現代…すでに飽和状態にありながらも映画界は膨張を続け、今や人跡未踏のジャングルと化しつつある。
だが! 秘境にこそ夢がある! ロマンがある! 自分だけのお宝がきっとある!
そう! 我ら謎予告編探検隊!

アクションを志向する自主映画というのはなにかそれだけでとても立派すごく立派に思えてしまうので、果たしてこれがアクションかどうかはよく分からないがアクションぽい気はしたのでそれだけで観たくはなる。
実際には会話ベースのポリティカル・サスペンスの可能性もあるがだからなんだと言いたい。あの執務室の美術とかわりとショボく音声なんかこれ内蔵マイクで録ってないかみたいな感じあるがだからなんだと言いたい。
アクションぽい、銃が出てくる、そしてあのキザったらしいアフリカンがカッコイイので、かように明確な見せ場を用意するのは自主映画にとって大事なことだなぁと勉強になりますねこれは。

そんなわけでアクション自主短編を色々観てみようと思いとりあえずヒットしたのがこちらだったが、アクション短編というか…デモンストレーションのような。
監督がカメラも回してるらしいがこの人はたぶん本業がカメラマンなので俺こんな感じに上手くアクション撮れますよっての見せたいんじゃないか。誰がやってんだか知らんが喧嘩の振り付けもいいなぁ。
こういうの撮れますんで誰かカメラマン探してる人はこの人に連絡してあげてください。

ホームレスを暇なバイオレンス若者が襲撃するだけの短編。しかし一人だけ無駄に動くヤツがいるな。ホームレスを追いかけながら箱に飛び乗るとかなにも意味ないだろ。

もっさりアクションの堪能できるご近所自主映画です。ほっこりするよね。
タバコと酒、禁止!

(文・さわだきんたま)

コメントしてあげる

wpDiscuz