『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』の正体見破ったり!

《推定睡眠時間:3分》

こういう映画のプロモイベントに登壇するために叶姉妹は存在していると思っていたが実際に呼ばれたのは鈴木奈々だった! 分かってない! 分かってないぞ! 分かってないんじゃないですかねいや!
そもそも分かってないのはこのラスベガスでしかないマジックショウ映画に攻性フェロモンで客席の股間圧迫のアシスタントレディといった差別的で下劣なスポーツ新聞的記号を置かず明石家さんまばりにマジックは子供たちに夢を売る仕事なんやと言い訳をしながら安全なところに着地しようと妥協点を探ってばかりの作り手の方であっていやしかしだからこそ!
ポリティカル・コレクトネスの概念がいまだ高級舶来品扱いのガラパゴスジャパンのプロモにおいてはマジックだろマジックといえばラスベガスだろラスベガスといえばなんとなく叶姉妹だろの浅薄思考をハットから出たハトの如く羽ばたかせ内容とはなんの関係もないパチンコ的エロスで映画を補完しながら台無しにすべきだったのだ!

それこそが! その低俗なる扇情こそが『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』に足りない唯一のものであった! ということは老若男女どなた様もお楽しみいただける正しく完璧なショウ映画なのではないかと思うのですが。

広告

いやそれにしても。あまり長期間の記憶に耐えうる映画でもないので前作がどういうお話だったかざっくりとしか覚えていないのですが(なんでもそうですが)あれこんなだったっけなんかスーパーヒーロー映画みたいになってるなが第一印象。
俺の記憶が正しければ前作はどちらかと言えばミステリーな作りだったはずである。大味だろうがなんだろうが騙し騙されのコンゲームな面白さがあって、なんならその派手なだけでなんも中身ないっぷりが見事ミスディレクションとして機能するという意味で叶姉妹ばりにしたたかな映画でさえあったのだ。
同じ手は二度とは使えないと踏んだのか転じてこちらは素直に大味なだけの屈託のないスーパーヒーロー映画であったから、異能の仲間たちがどのようにしてなんか知らんがとりあえず悪いヤツを倒すのかとかそういう話であってハラハラもドキドキも微塵もないが電飾の数とエンタメ的安心感すごい。だってモーガン・フリーマンが見守ってるからねそれは安心しかないですよ。いつのまにかニコラス・ケイジと並ぶラスベガス俳優と化したモーガン・フリーマンが!

あまりに安心なのでスクリーンから受けた視覚聴覚情報がなんの抵抗もなくそのまま脳外に放出されてしまう。主人公だれだっけ、え、ジェシー・アンゼンバーグ!? あいつ何も実のあること喋ってなかったろ! いやいや今回の主人公はマーク・ラファロなのでした…が、この人が何をしたかと言えばよく思い出せず代わりにモーガン・フリーマンの顔が記憶に侵入してくる焼き付けの甘さ。あるよねお土産のマグカップとかね、三回くらい洗うと絵が消えてきちゃうやつね。そういう感じです。
ウディ・ハレルソンは濃くて良かったです。だってもう絶対面白いよねハゲてるし胸毛だしニヤけてるしそれが物量で攻めて…ゴホゴホッ! 血の気多めの人はマカオとか香港に行くと増えます。ヴァンダムとか。

広告

新規参戦のアクティブ系メンヘラ女性マジシャン、リジー・キャプラン。この人も良かったのですが総じてフォー・ホースメンとかいうお話の主語になる大人気ラスベガスショウグループの影が薄く、じゃあ予告編に出てきたいかがわスマイルがグッドルッキングなダニエル・ラドクリフがどんな面白いことしてくれるんだろうと思いきやこれが!
…いや、ちょっとスティーブ・ウォズニアック風のキャラは面白いのですがつまりなんというかこれはすごくすごくベテランを立てる映画であり、まさかの大物登場! と何の意外性もないシークレットゲストに気を使って舞台袖に引いてしまうラドクリフとホースメンなのでその年功序列が芸の世界を感じさせてラスベガス。
キャプラン! ラドクリフ! アイゼンバーグ! 若手、もっとはっちゃけてもいいんじゃないですか! しかし金を払ったお客に100%予定調和の安全な刺激を約束するラスベガスショウマンたるもの芸歴の浅いボンボンに舞台を任せるなどという冒険をしてはならないのだった。

派手なマジックのあれこれやっぱ楽しい。1800円の価値あり、値段分は楽しめたと卑屈な逆転上から目線で評定。こういう映画はそれでいいんじゃないすかね。

(文・さわだきんたま)

【ママー!これ買ってー!】


シェイド [DVD]

この数年後にロッキーとランボーの新作で確変してしまったスタローンですが本来はこの薄っぺらいポーカー映画で劇団ラスベガスの一員になるはずだったので世の中なにが起こるかわからないギャンブル感。
この時期のスタローンが演じる落ちぶれたレジェンドギャンブラーの説得力がハンパない、何も言ってない気がするがなんとなく良い話を聞いた気もする系の雰囲気ラスベガス映画です。

↓その他のヤツ

グランド・イリュージョン Blu-ray

コメントしてあげる

wpDiscuz