今週発売のDVD&ブルーレイ気になったやつ(11月 第3週)

惑星からの侵略 [DVD]

なにこの予告編すごい! たたかう女! 誰あの宇多丸! ゾンビも出るの?
アマゾンの商品説明を読んでいたら「本作を観たスタンリー・キューブリックが「2001年宇宙の旅」の撮影の際にアンソニー・ドーソンを呼び寄せ意見を求めたと云われている」とか書いてあったが嘘つけ。
いや、しかし、最後の赤い液体の洪水は『シャイニング』を彷彿とさせなくもないな…。

アンソニー・M・ドーソン、『地獄の謝肉祭』の人っていうイメージだったんですが黒沢清絶賛のゴシックホラーを撮ったりアントニオ・マルゲリーティ名義でレオーネ『夕陽のギャングたち』の特殊効果にクレジットされてたりという意外と偉い人だった。

ゾネイダー 地球感染計画 [DVD]

血まみれの予告編がすべての伊スプラッターの雄()ネクロストームによるネクロストームでしかないスプラッター。中身がスカスカなのかクチャっと気持ちよく潰れる頭とかの感じがネクロストームですね。
おもしろくないとおもうけど観るんだよな結局こういうの。

あやつり糸の世界 Blu-ray 初回限定生産版

ファスビンダーのSF! っつって大いに煽ってくるんですがファスビンダーのSFが面白いわけないんだからそんなこと言われても困るよなっていう。ファスビンダーのミュージカルコメディ! とかならわかるけどさぁ。
なんか知らんけど『地球に落ちてきた男』系統のアヴァンギャルド風味SFみたいな感じじゃないすかねこういうの。


大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院 [DVD2枚組+CD1枚組]

これは観たくて観る機会がなかったものでDVD化は嬉しいのです、が、メチャクチャ高い。こういう映画はそんな数が出るものでもないと思うので本編に加えてROMデータのPDF資料+サウンドトラックで9000円超はコレクターズアイテムとしてギリギリの範疇ではあるのかもしれませんが…。
20ドルくらいの輸入盤もあるのでリージョンと英語字幕をクリアできるならそっちのがいいかもしれない、普通に見たいだけの人は。


海よりもまだ深く [DVD]

是枝監督のライフワークであるハイパーリアル実家もの最新作。阿部寛の甲斐性なしっぷりが身につまされ過ぎて死んでしまう…。


スパイ [DVD]

これとか「黒の」シリーズが一挙にリリースされるらしいので、つまり田宮二郎主演の大映産業スパイ映画DVDまつり。
全然もう全然みたことないんでわからないんですけど山本薩夫のこれ、観たい。


越境者 [DVD]

ぽっぽしてない方の『鉄道員』のピエトロ・ジェルミ監督作とのこと。
なんであれ“越境”の響きにはハメルンの笛のようにつられてしまいがちな人間なので観たいのですが脚本がフェリーニ、なるほどそれは確かに越境者ですよね。


戦争映画 パーフェクトコレクション 荒鷲戦隊 DVD10枚組 ACC-084

これはすごいDVDセットでメルヴィル『海の沈黙』、ホークス『僕は戦争花嫁』、フォード『海の底』、エドワード・G・ロビンソン主演の『戦慄のスパイ網』と…いやどれも観てませんが絶対なんの脈絡もないだろその組み合わせ…っていうかそれ戦争映画扱いでいいのかみたいの混ざってるぞ。
逆にお得感もすごいのだけれども。


ファインディング・ドリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

実に「障碍」がテーマのお魚映画でADHDの人が勢い任せで作ったような歪エネルギッシュなのですが、その不器用が本当に感動的な作アンドリュー・スタントン。
そのあたり完璧すぎてつけ入る隙のない『ズートピア』と見比べてみるのは面白そうな感じありますね。マイノリティテーマの映画として。

コメントしてあげる

wpDiscuz