三本立て居眠り映画感想『タンジェリン』ほか二本

よく寝た映画が何本か溜まったのでまとめて感想放出スヤスヤ。どれも人を探す映画という共通点があります。 『タンジェリン』 《推定睡眠時間:60分》 最初と最後だけ見る限りではおもしろうてやがて哀しきロサンゼルス下町哀歌。極めて曖昧な断片情報しか得られなかった睡眠鑑賞のため確かなこ... 続きを読む

ガチだった実録ニコケイ映画『パシフィック・ウォー』感想ですネタバレあります

《推定睡眠時間:60分》 なんか知らんけどニコラス・ケイジが苦悩する安い映画でしょのざっくりイメージで観に行ったらガチだったんですがガチでこれでいいのかと思いつつガチゆえに悪く言うのも失礼に当たるのではとやっぱり真面目な性格なので考えてしまう扱いに困る映画だったんですが一時間く... 続きを読む

こころのこわれた『本能寺ホテル』のかんそうですネタバレ爆発

《推定睡眠時間:60分》 ザ・タイアップっていうバンドか個人プロジェクトみたいのが広い世界にはあるかもしれませんねライブの時にですねタイアップ全開のステージ設計なんですよモニターに映るのは歌手じゃなくてタイアップ企業のイメージCF、みたいなのね。はい。 やっぱりね~タイアップで... 続きを読む

二本立て感想文『フィッシュマンの涙』&『ワイルド わたしの中の獣』

変身人間映画が密かに流行しているらしく『ミュージアム』の怪人カエル男に続くお魚怪人映画『フィッシュマンの涙』、『ロブスター』『エヴォリューション』に続くシュールコント風革命映画『ワイルド わたしの中の獣』の二本が新たに出現したのでさっそく捕獲。 どちらもこんな社会嫌だという映画で... 続きを読む

映画『シークレット・オブ・モンスター』『ヒッチコック/トリュフォー』睡眠感想文

架空の独裁者の少年時代に実存と第一次大戦後のドイツの歩みを託した『シークレット・オブ・モンスター』、フランソワ・トリュフォーによる伝説的インタビュー『ヒッチコック 映画術』をベースにしたドキュメンタリー『ヒッチコック/トリュフォー』…という要約が難しかったくらい爆睡のため見れてな... 続きを読む

『彷徨える河』を遡行し『ソング・オブ・ザ・シー』『レッドタートル』を素通りする感想(ネタバレなし)

そういう感想。『彷徨える河』観ました。寝ました。なんだかよくわからないな。とりあえず今年観た水関係のアート映画フォルダに入れておくか。 フォルダには『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』と『レッドタートル ある島の物語』が入っていた。うーんこいつらどんなストーリーだったかな…なにか... 続きを読む