映画二本立て感想:『地獄愛』『めだまろん ザ・レジデンツ・ムービー』

異端のメルヘンてところで共通する『地獄愛』と『めだまろん』の感想です。

映画『ペット』が最高に大したことなくて素晴らしい感想(ネタバレなし)

いいんですこれでいいじゃないですか映画。教訓とかメッセージとかいらないんじゃないですか。ペットがドタバタやってるだけで十分面白いっすよっていう感想。

ギョギョギョ映画『ファインディング・ドリー』観た泣いた笑ったな感想(ネタバレなし)

泣きすぎて疲れた『ファインディング・ドリー』です。えらいゴツゴツした作りが逆に心地よく、スーパーご都合主義なところがイイっていうそういう感じの感想。

J・J・エイブラムスの謎映画『10クローバーフィールド・レーン』感想(ネタバレ途中からあり)

すごく思わせぶりなタイトルの『10クローバーフィールド・レーン』観たら引きこもり系映画監督がよくやるアレだったのでそういう感想書きます。

押井汁だくだく映画『ガルム・ウォーズ』がつまらなくて面白い感想ならざる感想(ネタバレなし)

もはや鑑賞のハードルが下がってゼロに近くなってしまっている押井実写映画なので『ガルム・ウォーズ』も全然期待せずに観て楽しめました。期待を裏切らない面白くなさ。なんか安心した。

『明日の世界』も『きっと全て大丈夫』! ドン・ハーツフェルト作品集にヤラれた感想(ネタバレたぶんなし)

変なアートアニメかなと思って観たらこりゃとびきり上質のヒューマンSF短編。脳が溶けて涙として放出されてしまったんでそんな感想書く。

パニック! 『世界から猫が消えたなら』パニック! な感想(ネタバレ途中からあり)

あんまり猫映画じゃなかったんですが美しい映像いっぱいの素敵なファンタジー映画だったので面白かったです。感想書きました。

事故物件映画『フィフス・ウェイブ』で大人の辛さを噛み締める感想(ネタバレあり)

つまらない映画をつまらない映画と文句を言うのは容易いですが、大人にも色々事情はあるのです。『フィフス・ウェイブ』はそんな映画だったので、ネタバレしながら大人とはなにかを考えます。

『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』寝ないで観た感想(ネタバレなし)

あぁ下らねぇ! 素晴しきバカバカしさ! 久々に観た映画クレしんはちゃんとバカで安心した! でもネネちゃんと不思議少女の交流にちょっと泣けたりもするぞ! みたいな感想。