『龍三と七人の子分たち』やってるから、北野映画の感想全部書く!(その2)

その1に続いてその2。 バイク事故から復帰後の北野監督の映画の感想。 この頃になるとバイオレンスは退いて、代わりに詩情と笑いが全面に出てくる。 なので穏やかな映画多し。 『キッズ・リターン』(1996) 落ちこぼれ高校生二人組。 高校卒業後、一人はボクサーの道へ、一人はヤクザの... 続きを読む

『龍三と七人の子分たち』やってるから、北野映画の感想全部書く!(その1)

つーワケで『龍三と七人の子分たち』が公開中。 感想コッチ書いたが、コレかなり笑った。面白かった。 でもやっぱり昔の北野映画のが好きだなー、と思うトコもあんので、じゃあと感想書いてみた。 ってなワケでとりあえずその1、処女作から『みんな~やってるか!』までなんですが、アレだ、正直こ... 続きを読む

観てきたぜ!『脳内ポイズンベリー』!(※ネタバレなし)

のっけからなんのハナシかデスガ、童貞である。 童貞なので、女の人がナニを考えてるか教えてくれる映画!と言えばコレはもう、観ないワケにはいかない。 痛みを伴う告白だが、こう書きゃタマタマこちらのブログに迷い込んでしまった女性陣の半分くらいは去ってくだろう。 そうだ!去れ!去るのだ... 続きを読む

思いのまま『龍三と七人の子分たち』の感想書く(※ネタバレなし)

うんこネタが欲しかった! 北野監督のコメディ代表作といえば『みんな~やってるか!』(1994)だったが、アレは映画史上たぶん最大のうんこが出てきた。 やはり老人ともなるとシモの問題が避けては通れないんで、ここはうんこネタの出番だったのではないか、と思えてならない。 屁はたくさん... 続きを読む

……?……ッ!(『ザ・トライブ』って映画見たから、感想書きます)

……………。 (というコトで『ザ・トライブ』を観てきた。セリフ無し、字幕無し、音楽無し、説明無し、そして優しさ無し!あるのは手話と暴力とセックスのみ!ってなストロング・スタイル映画) (なんでしょう、ただボーっと画面観てればいいだけの映画なんでとても楽なんですが、反面とても疲れ... 続きを読む

『インヒアレント・ヴァイス』を観たから、ダルく感想書く

女と男が話してる。 なにやら大事なコトらしいが、ボーっと別のコト(あー、カネねぇなぁ、母親にタカろうかな。言いワケは?)考えてたんで、何のことやらサッパリだ。 女が去って、タイトル。『INHERENT VICE』。 音楽、イン。カンの『ヴィタミンC』。 長回しで男(探偵)をダラ... 続きを読む

フィリップ・K・ディック原作映画をたくさん観たから感想書く!(その3)

近年になってもまだまだ作られ続けるディック原作映画! もう飽きた? いやいや、まだ早い! まだまだ面白い映画はいっぱいあんである! ってコトでその1とその2に続いてその3だ! 『NEXT ネクスト』(2007) ラスベガスの売れないマジシャン、ニコラス・ケイジ。 彼は二分先の未... 続きを読む

映画『山』発売!そして邦題が漢字一文字映画を観る!

さてさて、ずっと前に映画評論家の町山さんが話してて気になってた『山』のDVDが、ついに4/8に発売される。 監督はエドワード・ドミトリクって人で、この人はフィルム・ノワール(ノワールが何かってのはこっち書いた)の面白いのたくさん撮った人らしい。 この人の映画は、俺はノワールの傑... 続きを読む