ロバート・アルトマン監督のドキュメンタリー映画、秋に全国公開だそうな

『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』って映画がやるらしい。 アルトマンのドキュメンタリーか…観たい、コレは観たい。 アルトマンっつーとアレだ、物凄い捉えどころの無いフワフワした監督である。 単純にフィルモグラフィー膨大なせいってのもあるが、「コレは... 続きを読む

『龍三と七人の子分たち』やってるから、北野映画の感想全部書く!(その1)

つーワケで『龍三と七人の子分たち』が公開中。 感想コッチ書いたが、コレかなり笑った。面白かった。 でもやっぱり昔の北野映画のが好きだなー、と思うトコもあんので、じゃあと感想書いてみた。 ってなワケでとりあえずその1、処女作から『みんな~やってるか!』までなんですが、アレだ、正直こ... 続きを読む

『ホーンズ 容疑者と告白の角』を観た!(※ネタバレなし)

とゆーワケで観てきたんで、感想書く。 例によって居眠りしながら観たが、角の生えた主人公(ダニエル・ラドクリフ)が催眠術みたいの使う映画だから、きっとそのせいだろう。 (あらすじとか原作の感想とかはコッチ見てね) 最初の45分くらいとても面白くて、あっはっはーって笑いながら観れる... 続きを読む

『リベンジ・オブ・ザ・グリーンドラゴン』を観た!

緑の龍?と思ったら青龍だった。 ってなワケで『リベンジ・オブ・ザ・グリーンドラゴン』ですが、コレがとても面白かったんで感想書く! とりあえずこーゆーハナシ。 一人の中国人少年がニューヨーク・クイーンズに流れ着いた。 自由と豊かな暮らしを夢見て密入国した少年だったが、しかしソコで... 続きを読む

映画『バードマン(以下略)』ダラダラ感想文(※ネタバレなし)

悪魔の声?いや、バードマンの声が囁く。 「映画やれよ、『バードマン4』。そしたらお前は再起できるさ。所詮お前にゃ、バードマン役しか出来ないんだ」 「うるせぇ!バードマンなんてクソくらえだ!俺は…俺は…俺は単なるヒーロー役者なんかじゃないんだ!」 で、その男は自ら脚本・演出・出演を... 続きを読む

『テラー・トレイン』発売と、爆走!トレイン・ホラー映画たち!

トレイン・ホラーの代表的一作『テラー・トレイン』のブルーレイが5/29に出る。 そして発売日は未定ながら、トレイン・ホラーの奇奇怪作『ホラー・エクスプレス/ゾンビ特急”地獄”行き』ブルーレイもスティングレイより年内発売予定。 北陸新幹線が開通したせいか(?... 続きを読む

く…く…狂ってる!本当はマジで怖ぇ『プリデスティネーション』!

イーサン・ホークが出てスピエリッグ兄弟が監督した『プリデスティネーション』をウトウト観た。 俺はこれメチャクチャ怖かったんだけど、ネットとかで感想観るとあんま怖いって書いてる人いない。 ルサンチマン全開な感じがしてイヤですが、多分そーゆー人はリア充だナ。 コレはホント、非リア充(... 続きを読む

フィリップ・K・ディック原作映画をたくさん観たから感想書く!(その2)

『ブレードランナー』(1982)、『トータル・リコール』(1990)、『スクリーマーズ』(1996)と、ディック原作映画の名作ケッ作がもう出てしまった(その1に書いた)。 でも!それ以降のディック原作映画も面白いのばっかりなんだぞ! というコトで書く!カクカク! 『クローン』(... 続きを読む

フィリップ・K・ディック原作映画をたくさん観たから感想書く!(その1)

先日ハヤカワSF文庫から『ザップ・ガン』が発売され、代表作『高い城の男』のドラマ化も決定、『ブレードランナー』の続編企画も進行してるとかしてないとか言われる異端のSF作家フィリップ・K・ディック。 どんな人なのかってのはコッチに書いたけど、とにかく今、ディックがアツイ!…気がする... 続きを読む

『ザップ・ガン』発売。そして最近のディック動向まとめ(雑)

映画と関係ないけど、一部の壊れたディック・マニアの間ではフリップ・K・ディックの最高傑作だ!とも(半ばジョーク交じりに)囁かれる『ザップ・ガン』(1967)がハヤカワSF文庫から新しく出た。 どんなもんやと思ったが、コレがすげー面白かったんで書く。 『ザップ・ガン』はケッ作だッ... 続きを読む